投資その他の資産

読み方: とうしそのたのしさん
分類: 財務諸表/貸借対照表

投資その他の資産は、貸借対照表(B/S)において、固定資産の一つで、「有形固定資産」と「無形固定資産」以外のものを表示する項目をいいます。これは、大きく分けて、他の企業への資本参加を目的とする投資、長期の資産運用(利殖)を目的とする投資、その他の長期の資産の3つがあり、具体的には、関係会社株式や投資有価証券出資金長期貸付金長期前払費用などの勘定科目があります。

投資その他の資産の呼称

投資その他の資産は、元々は、企業会計原則および財務諸表等規則による呼び名(呼称)で、旧商法の計算書類規則では「投資等」と呼ばれていました。その後、会社計算規則(会社法における会計部分の基幹を成すもの)では「投資その他の資産」となり、現在は、呼称が統一されています。

投資その他の資産の構成項目

投資その他の資産は、大きく分けて、「他の企業への資本参加を目的とする投資」、「長期の資産運用(利殖)を目的とする投資」、「その他の長期の資産」の3つがあり、各々の構成項目(勘定科目)は以下のようになっています。

他の企業への資本参加を目的とする投資

子会社株式、子会社出資金、子会社長期貸付金、関係会社株式、関連会社株式、関係法人株式など。

長期の資産運用(利殖)を目的とする投資

長期預金、投資有価証券、長期貸付金、投資不動産など。

その他の長期の資産

長期前払費用、長期預け金、保険積立金、繰延税金資産差入保証金、貸倒引当金など。