資本準備金

読み方: しほんじゅんびきん
分類: 財務・会計|貸借対照表

資本準備金は、株式会社において、株主から払い込まれた金額のうち、資本金に組み入れられなかった部分の金額が積み立てられたものをいいます。また、これ以外にも、株式交換株式移転会社分割合併による差益も資本準備金に積み立てられます。

企業会計の貸借対照表(B/S)においては、資本準備金は「純資産の部(旧・資本の部)」の「資本剰余金」の一つであり、利益準備金と共に「法定準備金(会社法により会社に対して積み立てることを強制している準備金)」を構成します。また、資本剰余金とは、資本取引から生じた剰余金のことをいい、「資本準備金」と「その他資本剰余金」に区分されます。

一般に資本準備金は、会社が資産を受け入れて株式を発行し、資本金を計上する際に、資産の公正価額が資本金を上回る分を積み立てるものであり、会社法により、利益準備金と合わせて資本金の額の4分の1に達していない時に計上しなければならないとされています。現在、その法的な性格は、株主が拠出した資本であり、資本金としての性質を有しているため、その他資本剰余金では配当規制を受けませんが、資本準備金は配当規制を受けることになります。

なお、資本準備金を使用できるのは、欠損金の填補と資本組入れに限定されており、その金額を減少する際には、資本金に組み入れるなど所定の場合を除き、債権保護手続きが必要となっています。

<会社法第445条第4項>

剰余金の配当をする場合には、株式会社は、法務省令で定めるところにより、当該剰余金の配当により減少する剰余金の額に十分の一を乗じて得た額を資本準備金又は利益準備金として計上しなければならない。