割引債

読み方: わりびきさい
英語名: Zero-coupon bond
分類: 債券区分

割引債(割引債券)は、ディスカウント債の一種で、「ゼロクーポン債」とも呼ばれ、その名のとおり、額面金額より割り引いて発行される、利息がゼロの債券のことをいいます。これは、利息が支払われない(クーポンがない)代わりに、発行時に額面金額より低い価格で発行され、償還時に額面金額で償還されることで、発行価格と額面金額との差(償還差益)が債券投資の収益となります。

例えば、額面金額100万円の割引債を99万円で購入した場合、償還差益(差額)の1万円が収益となります。

日本の割引債

日本において、割引債の形式で発行される代表的な債券には、現在、国庫の一般会計や特別会計の一時的な資金不足の補填や、国債の償還に伴う借り換えの際に発行される「国庫短期証券(2カ月・3カ月・6カ月・1年)」があります。なお、国庫短期証券の入札資格は、日銀や銀行、証券会社、保険会社などの金融機関に限定されており、個人は入札・購入ともにできません。

※かつては割引金融債や中期割引国債が発行されていたが、今日では発行されておらず。

海外の割引債

海外で発行される割引債は、「ゼロクーポン債(Zero-coupon bond)」と呼ばれることが多く、現在、米国債や世銀債などの外国債券の割引債は、外債投資の一つの選択肢となっています。また、アメリカで発行される「ストリップス債(STRIPS)」は、債券の元本部分と利札部分(クーポン)が分離し、それぞれがゼロクーポン債として流通している債券となっています。