利付債

読み方: りつけさい
英語名: Interest-bearing bond
分類: 債券区分

利付債(利付債券)は、債券を利払いの有無で分類した場合に、定期的に利払いが行われるものをいいます。これは、通常、額面金額で発行され、償還期日に額面金額で償還される、クーポンが付いている(一定の期日毎に利息が支払われる)債券のことを指します。

なお、利付債に対して、額面金額より割り引いて発行され、額面金額で償還される、利息がゼロの債券のことを「割引債」と言います。

利付債の種類

利付債の種類には、利率が発行時に決定している「固定利付債」と、利率が発行後に市場環境で変動する「変動利付債」があります。

固定利付債
確定利付債とも呼ばれ、発行時に定められた利率(クーポン)が償還まで変わらない利付債のことをいう。

変動利付債
市場金利の変動によって利率(クーポン)が変動する利付債のことをいう。

利付債の身近なもの

個人向けの利付債で身近なものとして、個人向け国債や個人向け社債、外国債券などがありますが、この中で一番安全性が高いのが「個人向け国債(利付国債)」です。

|個人向け国債(固定3)|
固定金利型3年満期、年2回利払い、1万円単位

|個人向け国債(固定5)|
固定金利型5年満期、年2回利払い、1万円単位

|個人向け国債(変動10)|
変動金利型10年満期、年2回利払い、1万円単位

利付債の課税

2016年1月に証券税制が大幅に変更になり、現在、証券会社等の市場で自由に売買できる「特定公社債」の一つである利付債の税金については、利子は利子所得として「源泉徴収(申告不要または申告分離課税の選択)」、また売却益と償還差益は譲渡所得として「申告分離課税」となっています。