重油

読み方: じゅうゆ
英語名: Heavy oil
分類: ビジネス・産業|エネルギー

重油は、原油から揮発油や灯油軽油などを分留した後の残りの高沸点の油をいいます。これは、元々は原油の常圧蒸留後に釜に残る黒色・粘稠な残油を指しましたが、通常は原油を常圧蒸留して軽油までを留出させた後の残油に、軽油などの留出油を混合して製した石油製品を指します。現在、日本のJIS規格では、粘度の少ない順に1種(A重油)・2種(B重油)・3種(C重油)の3種に分類され、A重油が中小工場のボイラー用や小型船舶用ディーゼルエンジン用、ビニールハウス暖房用の燃料として使用され、B重油が中小工場のボイラーや窯業炉用の燃料として使用され(近年需要は激減)、またC重油が電力や化学、紙パルプ工業等のボイラー用、大型船舶用ディーゼルエンジン用の燃料として使用されています。

一般に重油は、炭素と水素からなる炭化水素が主成分ですが、若干の硫黄分および微量の無機化合物などが含まれており、具体的には、硫黄含有量はおよそ0.1~3.5質量%で、無機化合物は灰分にしておよそ0.03質量%以下となっています。ちなみに、その名称は、ガソリンや灯油、軽油より沸点が高く、重粘質であることに由来しており、また英語では、重油(heavy oil)よりも燃料油(fuel oil)と呼ばれることの方が多いです。