Cap

読み方: きゃっぷ
分類: オプション

Capは、金利オプションの一種で、オプション(Cap)の買い手が売り手に対してオプション料(プレミアム)を支払うことによって、契約期間中の各金利更改日に基準金利がストライクプライス(約定上限金利:キャップレート)を上回った場合に、その差額(金利差)を受け取ることができる取引をいいます。

金利オプションの種類

金利オプションとは、オプション取引の中で、金利商品を原資産とするデリバティブ取引であり、その代表的なものには「Swaption」「Cap」「Floor」の3つがあります。また、Capを対象とするオプション取引もあり、これを「Caption」と言います。

Capの活用

Capは、デリバティブを活用した金利上限契約であり、Capの買い手は主に変動金利の上昇リスクのヘッジに利用し、一方で売り手は利回り向上のために利用するのが一般的です。

例えば、期間2年で3mLIBORを上限金利2.0%で約定した場合、契約期間中の2年間、3カ月毎にLIBORが2.0%を上回った時にCapの買い手は売り手から2.0%を上回った分の差額を受け取れるため、金利の上昇リスクをヘッジすることができます。