連動率

読み方: れんどうりつ
分類: 評価尺度

連動率は、インデックス型の投資信託(ファンド)の運用評価を行う際に、どれほど対象としたインデックス(指数)と同調した動きをしたかを示す数値をいいます。例えば、日経平均株価を対象としたインデックスファンドでは、日経平均株価が10%上昇した場合、当該ファンドの基準価額指数と同じ10%上昇したなら連動率は100%になります。

一般にインデックス型の投資信託では、連動率が100%に近い方がより優れた運用と言えますが、実際には、連動率が100%になることはありません。それは、投資信託の運用に費用がかかる上、さらに投資家の資金が日々流出入するため、その管理に伴う各種費用が必要となるからです。なお、上場投信(ETF)においては、連動率の水準が一つの上場基準となっています。