現先取引

読み方: げんさきとりひき
分類: マーケット|短期金融市場

現先取引は、債券CP(コマーシャルペーパー)、CD(譲渡性預金)などを、一定の期間後に、一定の価格で"買い戻す"あるいは"売り戻す"ことを予め取り決めた短期の資金取引のことをいいます。これは、売り方買い方が双方合意の上、一定期間の利回り相場の変動とは無関係に確定させるもので、売買の形式をとりながら、利子および当初売買と反対売買の単価差を組み合わせることで、一定期間の利回りを確定する仕組みとなっています。その期間は、短いもので1日、長いもので数カ月となっており、また取引の収支尻は「現先レート」と呼ばれる金利で計算されます。

一般に現先取引は、売り手から見た場合を「売り現先(買戻し条件付売買)」、買い手から見た場合を「買い現先(売戻し条件付売買)」と呼び、売り手にとっては短期の資金調達手段として、また買い手にとっては短期の資金運用手段として、主に銀行証券会社などで利用されています。通常、マーケットで現先と言った場合は、「債券の現先取引」を意味し、本取引は短期金融市場において、実質的に債券などを担保とした金融機関間の資金の貸し借りという意味合いを持ちます。そのため、日銀も公開市場操作(オぺレーション)の一つとして、国債を使った現先取引によって、金融市場の資金需給を調節しています。

なお、債券の現先取引と似たような取引に、債券のレポ取引がありますが、現先が債券を担保に現金を貸し借りするのに対して、レポは現金を担保に債券を貸し借りするというもので、その実体は、債券と現金のどちらに注目しているかの違いだけで、実質的な経済効果は同じです。