鉄筋コンクリート造(RC造)

読み方: てっきんこんくりーとぞう
分類: 建築構造

鉄筋コンクリート造は、「RC造」とも呼ばれ、建物自身の重さを支える上で押し潰す力に強い「コンクリート」を、引き伸ばす力に強い棒状の鋼材である「鉄筋」で補強して建物を作る構造のことをいいます(RCは、"Reinforced concrete"の略)。これは、圧縮に強いコンクリートと引張に強い鉄筋を一体化させることで互いの欠点を補い、より高い強度を生み出し、特に耐震性や耐久性、耐火性に優れています。

一般に鉄筋コンクリート造の種類には、の代わりに耐力壁で建物の荷重を支える「壁式構造」と、柱と梁の結合部を変形しにくい剛接合にして柱と梁で建物の荷重を支える「ラーメン構造」があります。また、戸建て住宅の場合は、柱形や梁形がない壁式構造が適しています。