壁式ラーメン構造

読み方: かべしきらーめんこうぞう
分類: 不動産|建築構造

壁式ラーメン構造は、壁式構造とラーメン構造の折衷型の建築構造をいいます。また、壁式構造とは、の代わりに耐力壁建物の荷重を支える構造をいうのに対して、ラーメン構造とは、柱や梁といった部材同士が剛接合され、水平方向の外力などに対抗できる強い骨組を形成している構造をいいます。

一般に壁式構造では、柱型は出ませんが耐力壁が室内に必要なため、空間の自由度が下がるというデメリットがある一方で、ラーメン構造では、壁のない広い空間ができますが柱型が出っ張るというデメリットがあります。この両方のデメリットを平べったい柱を使って構成することで減らし、両方のメリットを採り入れたのが「壁式ラーメン構造」となっています。

例えば、鉄筋コンクリート造マンションの場合、住戸を隔てる戸境壁は耐震壁として使えますが、戸境壁と直角の桁行方向には、できるだけ窓を大きく取りたいため、耐震壁としては使えません。この問題に対して、壁式ラーメン構造を採用すると、戸境壁等の耐震壁を設けると共に、桁行方向にだけ偏平な長方形断面の柱と梁を設けることで概ね解決することができます。