鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)

読み方: てっこつてっきんこんくりーとぞう
分類: 建築構造

鉄骨鉄筋コンクリート造は、「SRC造」とも呼ばれ、主体構造を鉄骨および鉄筋コンクリートで建築する構造のことをいいます(SRCは、"Steel framed reinforced concrete"の略)。これは、鉄骨造鉄筋コンクリート造の両方の長所を併せ持っており、鉄骨でを組み、鉄骨の骨組のまわりに鉄筋を配して、コンクリートで一体化した構造となっています。

一般に鉄骨鉄筋コンクリート造は、鉄筋コンクリート造と比べると強度に優れているため、柱や梁を細くすることが可能となり、全体の重量を抑えることができます。その一方で、建築コストについては、鉄筋コンクリート造や鉄骨造よりも高くなるため、低中層の建物にはあまり用いられず、主に7~25階程度の高層建築によく用いられます。