鉄骨造(STEEL造/S造)

読み方: てっこつぞう
分類: 建築構造

鉄骨造は、「STEEL造」や「S造」とも呼ばれ、建物の骨組に鉄骨(Steel)を組んで作った構造のことをいいます。これは、鉄筋コンクリート造に比べて軽く、また設計の自由度が高く、耐久性や耐震性にも優れており、高層建築でも採用されています。その種類には「重量鉄骨造」と「軽量鉄骨造」の二つがあり、重量鉄骨造は、大型の工場や高層ビル、超高層マンションなどに適し、一方で軽量鉄骨造は、戸建てや賃貸アパートなどでも利用されています。

一般に重量鉄骨造は、H形鋼やL形鋼、C形鋼などの鋼材を使用し、をボルトや溶接で剛接合して作られ、鉄骨自体がとても丈夫なため、柱の本数が少なくてすみ、筋交いをなくせ、また設計の自由度がとても高く、耐用年数が長いのが特徴となっています。一方で、軽量鉄骨造は、軽量形鋼と呼ばれる鋼材で骨組みを組み上げて作られるため、設計の自由度が高く、耐久力があり、また開口部が広く取れるのが特徴となっています。

なお、構造面において、鉄自体は耐火性が低いため、その補強として、鉄骨の周りに耐火被覆が施されているのが通例です。