コンクリート充填管構造(CFT構造)

読み方: こんくりーとじゅうてんかんこうぞう
分類: 不動産|建築構造

コンクリート充填管構造は、「充填型鋼管コンクリート構造」や「CFT構造」とも呼ばれ、断面が角形または円形の鋼管に高強度のコンクリートを充填して柱(CFT柱)とし、鉄骨のを組み合わせた建築構造のことをいいます。通常、CFT柱では、鋼管とコンクリートの相互拘束効果(コンファインド効果)により、剛性や耐力、変形、耐火、施工などの様々な面で優れた特性を発揮します。(CFTは、"Concrete Filled Steel Tube"の略)

一般にコンクリート充填管構造は、鉄骨造鉄骨鉄筋コンクリート造に比べて、の剛性が大きいため、部材(柱等)の断面をコンパクトにすることが可能で、室内空間の自由度に優れています。また、鉄筋を使用しないため、施工性にも優れており、特に大空間建築や高層建築に向いています。ちなみに、本構造は、建設省(現・国土交通省)が1985年から1989年の5カ年計画で実施した「新都市ハウジングブロジェクト」から生まれた建設技術です。