Sell in May(セル・イン・メイ)

読み方: せるいんめい
分類: 相場|アノマリー

Sell in May(セル・イン・メイ)は、アメリカ合衆国ウォール街の相場格言の一つで、5月に株式を売って、9月半ばまで相場から離れた方がいいことを示唆するものです。これは、正確には「Sell in May, and go away; don't come back until St Leger day.」で、例年、米国株が6月から9月までは軟調な展開になりやすいというアノマリーによるもので、「相場が高い5月に売って、9月半ばに再び市場に戻ってこい!」ということを述べています。その根拠として、5月からヘッジファンドの決算が集中し、季節要因から米国の経済指標が弱く出やすく、また夏場は休暇を取る投資家が多くなり相場が閑散しやすいことなどが挙げられますが、明確な根拠はありません。

本来、セル・イン・メイは、米国株のアノマリーによるものですが、昨今、日本や欧州など先進国の株式市場は、米国の株式市場と連動する(外国人の売りが波及する)傾向があり、5月は相場の転換点になることもあるので、売買のタイミングとして注意した方がよいかもしれません。