中位株

読み方: ちゅういかぶ
分類: 株式区分

中位株は、文字通り、株価水準が中くらいの株式(銘柄)のことをいいます。これは、株式市場全体の水準と比べて、一株あたりの株価が中くらい程度の銘柄のことを指し、通常、どの程度で「中位株」と呼ばれるのかという明確な定義は特に決まっておらず、その時々の相場全体の水準によって変わってきます。また、中位株に対して、株価水準が高い銘柄を「値がさ株」、株価水準が低い銘柄を「低位株」と言います。

一般に株式相場が上昇トレンドに入ると、最初に値がさ株が人気を呼び、それが一巡すると中位株や低位株といった出遅れ株の物色が始まる傾向があります。