ゴルフ場利用税とは何か?

ゴルフ場利用税は、ゴルフ場の利用に対して、利用の日ごとに定額で、そのゴルフ場所在の都道府県において、その利用者に課される地方税(都道府県税)をいいます。これは、ゴルフ場の規模や整備状況などにより、等級が定められており、税率の一番高い級で1200円となっています(ゴルフ練習場の利用は、課税対象とはならない)。また、本税は、都道府県税ですが、地方税法により、税収の7割はゴルフ場が所在する市町村(特別区を含む)に交付することとされています。

一般にゴルフ場利用税は、ゴルフ場を利用した人からゴルフ場の経営者等(特別徴収義務者)が都道府県に代わって徴収し、当該都道府県に納入します。なお、18歳未満の方や70歳以上の方、障害者の方などがゴルフ場を利用した場合は、非課税となっています(国民体育大会のゴルフ競技や学校の教育活動としての利用も非課税)。