国民健康保険税とは何か?

国民健康保険税は、「国保税」とも呼ばれ、国民健康保険を運営する市町村が、その運営に要する費用に充てることを目的として、被保険者の属する世帯世帯主に対して課す税金(地方税目的税)をいいます。現在、賦課方式については、市町村によって異なり、所得割・資産割・被保険者均等割・世帯平等割、所得割・被保険者均等割・世帯平等割、所得割・被保険者均等割などがあります。また、加入者のうち、40歳から64歳の方については、介護保険の第2号被保険者に該当することから、別途、介護分が加算されます。

一般に国民健康保険は、被用者保険の賃金比例・労使折半負担とは異なった方式で、保険税または保険料賦課徴収されます。また、本制度に要する費用の徴収方式は、国民健康保険法において「保険料方式」を定めており、「保険税方式」は例外ですが、現状では多くの自治体で保険税方式を採用しています。これは、保険税方式を採用した方が徴収権の時効が長くなったり、滞納処分の優先順位が高くなったりするなどの理由からだそうです。なお、保険税方式を採用している自治体であっても、納税者向けの書類上では「国民健康保険料」と称していることが多いです。