目的税とは何か?

目的税は、税金の分類(租税の使途による区分)の一つで、その使途(使いみち)が特に定められている税金の総称をいいます。これは、特定の経費に充てるために課される租税を指し、具体的には、電源開発促進税や都市計画税、国民健康保険税水利地益税などが挙げられます。

一般に財政民主主義から導き出される予算原則として、特定の収入と特定の支出を結びつけてはならないという「ノン・アフェクタシオンの原則」があり、目的税は財政民主主義という観点からは、本来望ましくないものとされています。(現在は、普通税が一般的で、国税は原則として普通税により、地方税は例外的に目的税を併用)

なお、目的税に対して、使途を特定せず、一般経費に充てるために課される租税(その使途が特に定められていない税金)を「普通税」と言います。