臨時税とは何か?

臨時税は、課税する期間による分類で、臨時の必要経費に充てるため、一定の期間を限って徴収する租税の総称をいいます。これは、個人や法人に対して、一時的かつ臨時的に課税されるものであり、その一例として、2011年の東日本大震災からの復興施策に必要な財源を確保するために、個人や法人の所得に対して課された「復興特別税」が挙げられます。

なお、臨時税に対して、毎年繰り返し規則的に賦課する租税を「経常税」と言います。