従量税とは何か?

従量税は、課税物件の数量を課税標準とする税金のことをいいます。これは、課税対象が物等である場合、それに対する課税の基準(標準)による分類で、課税物件たる物等の数量(重量・個数・容積・面積など)を課税標準として税率を決定する租税(租税徴収方式)を指し、現在、日本においては、自動車重量税や酒税、揮発油税関税の一部などで採用されています。また、課税物件とは、課税要件の一つで、課税の対象とされる物や行為、その他の事実のことをいいます。

なお、従量税に対して、課税物件の価格を課税標準とする税金のことを「従価税」と言います。