地方揮発油税とは何か?

地方揮発油税は、地方公共団体の財源確保のために徴収される、ガソリンに課す国税をいいます。これは、1955年に道路特定財源の「地方道路税」として創設されましたが、2009年から現名称に改称され、都道府県及び市町村の一般財源として全額譲与されています。

現在(2016年時点)、地方揮発油税の税率は、1キロリットルにつき、5,200円となっています。また、揮発油税と合わせて「ガソリン税」と通称されます。