ABF汎アジア債券インデックス・ファンド

ABF汎アジア債券インデックス・ファンドは、「アジア国債・公債ETF」とも呼ばれ、シンガポールで登録され、2005年7月に香港証券取引所に、2009年6月に東京証券取引所に上場された外国籍ETFをいいます。これは、手数料および費用控除前で、ベンチマークの「iBoxx ABF汎アジア指数」に連動する投資成果を上げることを目標とし、アジアの現地通貨建ての国債および公債で構成されるポートフォリオを保有しています。また、この仕組みにより、中国、香港、韓国、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイの8つの国・地域の国債・公債市場への費用効率の高い投資が可能となります。

なお、iBoxx ABF汎アジア指数とは、インターナショナル・インデックス・カンパニー・リミテッド(International Index Company Limited:IIC)が決定・組成する、アジアの債券を対象とした投資リターンの指標をいいます。

ファンドの基本情報

銘柄名 ABF汎アジア債券インデックス・ファンド〔略称:アジア債券〕
連動対象 iBoxx ABF汎アジア指数・・・アジア債券
収益分配 年2回(1月22日、7月22日)
信託報酬 0.19%
管理会社 ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・シンガポール・リミテッド

ファンドの取引情報

上場市場 東京証券取引所、香港証券取引所
カテゴリー 外国債券
銘柄コード 1349
上場日 2009年6月19日
売買単位 1口

金融商品ガイド

基本商品解説

連動対象カテゴリー