経理

読み方: けいり
英語: Accounting
分類: 概念

経理は、「経営管理」の略で、日々のお金のやりとりをすると共に、企業等が活動した結果を数字で表すことをいいます。これは、請求や支払い、記帳、伝票作成といった日々の細かい作業から、貸借対照表損益計算書キャッシュフロー計算書といった「決算書」の作成まで、お金に関する広範囲の業務を行うものです。

ここでは、企業の「経理」について、簡単にまとめてみました。

目次:コンテンツ構成

経理の位置づけは?

経理は、会計業務の一部で、企業の日常的なお金の流れを簿記に基づいて処理し、最終的に決算書(財務諸表)にまとめる業務です。

基本的には、既に発生した取引や経費などに関する出入金の流れをまとめるため、過去のお金の記録を管理するものと言えます。また、実務面では、現金や預金など、企業のお金の出し入れを取り扱っています。

経理の業務内容は?

経理の業務内容には、伝票起票や入出金管理、経費精算、帳簿記帳、決算作業、税務申告、給与計算などがあり、大きく分けて、日次業務、月次業務、年次業務に分けられます(企業によっては、週次業務や四半期業務もあり)。

日次業務

日次業務では、日々の取引を全て数値化し、記録していきます。

・現金出納管理
・経費精算
・伝票起票・整理
・帳簿記帳(会計ソフト入力)
・預金の管理
・売掛金や買掛金の管理 他

月次業務

月次業務では、月間のスケジュールの中で、以下のような業務を行います。

・給与計算と支給
・源泉所得税・住民税の納付
・社会保険料の納付
・取引先の入金確認
・取引先への支払請求(請求書発行)
・予算実績の管理
・月次決算の作成 他

年次業務

年次業務では、年間のスケジュールの中で、以下のような業務を行います。

・決算整理、実地棚卸
・年次決算書の作成
・税務申告と納付
・賞与計算と支給
・税務関連の各種書類の提出
・社会保険関連の各種手続き
・年末調整 他

経理と会計と財務の違いは?

企業において、「経理」と「会計」と「財務」は、どれもお金に関する業務ですが、それぞれに違いがあります。

経理

経理は、これまでに使ったお金が対象で、お金の流れを簿記に基づいて処理し、決算書(財務諸表)にまとめることをいいます。会計業務の一部で、実際のお金の出入りを取り扱います。

会計

会計は、これまでに使ったお金が対象で、企業のお金の出入りを記録し、管理・伝達することをいい、「財務会計」と「管理会計」との2つがあります。経理を含む概念で、経理と異なり、実際のお金の出入りは取り扱いません。

財務

財務は、これから使うお金が対象で、経営に必要なお金の計画を立て、調達および管理することをいいます。一番の目的は、企業の資金繰りです。

経理を担当する部門は?

企業において、経理を担当する部門は、以下のように企業毎に異なっており、また企業によっては、経理と財務の両方を兼ねるところもあります。日常的には、企業の日々のお金の流れを管理し、またお金の出し入れを認可する部署としても機能しています。

・経理部や財務経理部が担当
・経理課や経理担当者が担当