ソニー銀行 (ソニーバンク)

ソニー銀行は、「ソニーバンク」とも呼ばれ、ソニーフィナンシャルグループのインターネット銀行です。同行は、IT技術を最大限に活用し、個人を対象に利便性と質の高い金融商品・サービスを提供しており、営業時間は原則365日24時間、取扱商品は円預金・外貨預金・投資信託・FX・ローン・クレジットカードなどで、現金の入出金は提携ATMから利用できます。

現在、ソニーバンクでは、企業理念として、「フェア」であることを掲げています。具体的には、顧客に対しては、市場動向に基づいた金利・価格の設定、分かりやすい商品・サービスの提供を心がけ、一方で日々の銀行経営では、業務内容について高い透明性を維持し、また銀行業の公共性という観点から、顧客から預った資産の安全性を常に確保し、資金決済網を構成する一員として責任ある業務運用を行っています。

○企業理念:「フェア」
○コーポレートスローガン:「できる,ひろがる.ソニー銀行」

※ソニーフィナンシャルグループとは、金融持株会社のソニーフィナンシャルホールディングス(東証1部上場)と、その傘下のソニー生命ソニー損保・ソニー銀行などから構成される金融サービスグループ。

ソニー銀行の沿革

ソニー銀行は、設立以来、多くの顧客の支持を得て、顧客満足度の高い金融機関(大手ネット銀行)へと成長しました。

・2001年04月:ソニー銀行を設立、銀行業の営業免許を取得
・2001年06月:営業開始 サービスサイト「MONEYKit」オープン
・2001年09月:外貨預金の取扱開始
・2002年03月:住宅ローンの取扱開始
・2002年06月:目的別ローンの取扱開始
・2002年07月:外国為替チャートのサービス開始
・2003年02月:コミュニケーションサイト「from MONEYKit」オープン
・2003年07月:「MONEYKitグローバル」のサービス開始
・2004年04月:ソニーフィナンシャルグループの一員に
・2004年06月:ソニー生命保険の個人年金保険の販売開始
・2004年10月:ソニー損保の同社住宅ローン専用火災保険の販売開始
・2005年09月:円定期預金の取扱期間を10年まで拡大
・2005年12月:クレジットカードの取扱開始
・2006年06月:モバイルバンキングのサービス開始
・2007年06月:ネット専業の証券子会社「ソニーバンク証券」を設立
・2008年01月:住宅ローンの繰り上げ返済手数料を完全無料化
・2008年03月:ソニーフィナンシャルホールディングスの完全子会社となる
・2008年05月:外国為替証拠金取引の取扱開始
・2008年08月:投資信託「積み立てプラン」販売手数料還元制度開始
・2008年10月:ソニーバンク証券との「資金スイープサービス」提供開始
・2010年06月:初の対面型相談窓口「住宅ローンプラザ」オープン
・2011年05月:クレジットカード事業へ本格参入
・2012年08月:ソニーバンク証券の全株式をマネックスグループへ譲渡
・2013年01月:マネックス証券との新たな金融商品仲介サービスを開始

ソニー銀行の商品・サービス

ソニー銀行は、顧客の多様なニーズに応えて、充実した商品・サービスを提供しています。

円預金 普通預金定期預金積立定期預金
外貨預金 外貨普通預金外貨定期預金、特約付外貨定期預金
FX 外国為替証拠金取引
投資信託 各種ファンド、MMF外貨MMF
ローン 住宅ローンカードローン、目的別ローン
保険 個人年金保険変額個人年金保険
クレジットカード ソニーカード
振込・入出金 振り込み口座振替、おまかせ入金サービス、WEB振込決済
その他 株式・債券など(マネックス証券との商品仲介)
保険(保険代理店として取扱い)
外貨宅配、外貨送金 他

ソニー銀行の会社概要

ソニー銀行は、個人のために、金融商品やサービスを提供するインターネット銀行です。

商号 ソニー銀行株式会社
〔Sony Bank Incorporated〕
設立日 2001年4月2日
所在地 東京都千代田区神田錦町三丁目26番地
業務内容 銀行業
サービスサイト MONEYKit(マネーキット)
株主構成 ソニーフィナンシャルホールディングス100%
提携ATM 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、イーネット、ローソンATM、アットバンク
金融機関コード 0035