セブン銀行

セブン銀行は、日本を代表する流通・小売業の大手であるセブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン-イレブン・ジャパンとイトーヨーカ堂が母体の銀行です。2001年4月に世界に例を見ないATMをメインとする銀行「アイワイバンク銀行」として誕生し、「24時間365日、いつでも、どこでも、だれでも、安心して」お金を出し入れできるATMネットワークを構築し、その「新しい利便性」から収益を生みだすビジネスモデルを始動させました。

従来の銀行は、預金貸付といった「ストック」の上に成立する事業でしたが、セブン銀行は、お金を引き出す・入れるという「フロー」の上にも事業を成立させ、金融業界に全く新しい業態を創出しました。また、同行には、従来の銀行にはない「流通・小売業の精神」が受け継がれ、これまでの銀行の常識や自社の都合を一切排して、顧客主体で考えることが常に基本となっています。

現在、セブン銀行は、流通と金融の融合で暮らしに密着したサービスを展開しており、具体的なものとして、「ATMサービス」、「口座サービス(セブン銀行口座)」、「有人店舗サービス」、「法人の顧客向けサービス」を提供しています。

セブン銀行の沿革

セブン銀行は、2001年にATMサービスを主とする銀行として誕生しました。

・2001年:営業開始、ATMサービス開始、リモートバンキング開始
・2004年:お客さまサービス部新設
・2005年:有人店舗の開設、第2世代ATM導入開始、セブン銀行に社名変更
・2006年:新勘定系システム稼働、定期預金、ICキャッシュカード対応開始
・2007年:「nanaco(ナナコ)」のチャージ開始
・2008年:ジャスダック証券取引所に上場
・2010年:個人向けローンサービス開始、第3世代ATM導入開始
・2011年:海外送金サービス開始、東京証券取引所市場第一部に上場
・2012年:100万口座突破、米国のATM運営専門会社を子会社化
・2013年:海外送金カスタマーセンター稼働開始

セブン銀行の事業内容

セブン銀行は、ATM事業及び金融サービス事業を行っています。

ATM事業 銀行、信用金庫信用組合労働金庫、JAバンク、証券会社、生命保険会社、クレジットカード会社、消費者金融会社など多くの金融機関と提携し、セブン&アイHLDGS.を中核とする企業グループの店舗内(セブン-イレブン、イトーヨーカドー等)、空港や駅、金融機関店舗等にATMを設置し、原則24時間365日稼働する利便性の高いATMネットワークを介して、多くの顧客に入出金サービスを提供している。
金融サービス事業 主に個人の顧客を対象に、ATMとリモートバンキング(インターネットバンキング、モバイルバンキング、テレホンバンキング)のサービスが一体となった身近で便利な預金口座を提供。また、イトーヨーカドー内に展開している有人店舗において、セブン銀行の各種サービス・商品の案内・申込受付のほか、銀行代理業務を行っている。

セブン銀行の会社概要

セブン銀行は、セブン&アイHLDGS.傘下の流通系の銀行で、生活に密着した銀行サービスを提供しています。

商号 株式会社セブン銀行
〔Seven Bank, Ltd.〕
設立日 2001年4月10日
所在地 東京都千代田区丸の内1-6-1
金融機関コード 0034
証券コード 8410 (東証一部上場)