じぶん銀行

じぶん銀行は、大手通信会社のau(KDDI)とメガバンクの三菱東京UFJ銀行が共同出資して設立したインターネット銀行です。同行は、顧客自身の携帯電話やスマートフォンにビルトインされた顧客専用の銀行として、いつでもどこでも手のひらで快適に利用できるよう、操作性の際立ったサービス・インターフェースを提供しています。また、携帯電話などの特性を最大限活用し、利便性と安全性を両立させた質の高い金融サービスを提供することにより、顧客満足度の高い金融機関となることを目指しています。

現在、じぶん銀行は、常に先進の技術研究と既成概念に捉われない革新的な商品開発に取り組み、携帯電話などを顧客との第一の接点とした銀行ならではの付加価値を創造することに日々努力しています。また、顧客や社会から信頼される金融機関であり続けるために、適切なリスク管理と徹底したコンプライアンスの実行により、安定的で透明性の高い企業経営を行っています。

じぶん銀行の沿革

じぶん銀行は、インターネット専業銀行として、2008年7月からサービスを開始しました。

・2008年:銀行免許取得・開業、クレジットカード、カードローン
・2009年:50万口座達成、外貨定期預金、株主割当増資
・2010年:100万口座達成、Suicaチャージ、スマホアプリバンキング
・2011年:ATM提携拡大、じぶん銀行決済、中国元預金
・2012年:株主割当増資、銀行代理業として住宅ローン媒介、仕組預金
・2013年:150万口座達成、外貨預金の通貨拡大、FX提供

じぶん銀行の商品・サービス

じぶん銀行は、「SMART×MOBILE=SMILE」のスローガンのもと、インターネットを窓口に、革新的な商品やサービスを提供しています。

商品 円普通預金、円定期預金、円仕組預金
外貨預金(普通、定期)、外貨仕組預金
自分銀行FX
カードローン住宅ローン
クレジットカード(auじぶんcard)
株式・投資信託
サービス ATM
振込
電子マネーチャージ
じぶん銀行決済
口座振替
アプリ・取引ツール
セキュリティ

じぶん銀行の会社概要

じぶん銀行は、KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資して設立したインターネット銀行です。

商号 株式会社じぶん銀行
〔Jibun Bank Corporation〕
設立日 2008年6月17日
本社所在地 東京都新宿区西新宿6丁目8番1号 新宿オークタワー6階
株主構成 KDDI 50%、三菱東京UFJ銀行 50%
金融機関コード 0039
取引チャネル インターネット(携帯電話、スマホ、パソコン等)