有機EL

読み方: ゆうきいーえる
分類: 素材・材料

有機ELは、有機化合物を使った材料の発光現象の一種の「エレクトロ・ルミネセンス(Electroluminescence)」のことで、電圧をかけると光を放つ有機化合物でできた電子材料をいいます。

一般に材料の発光現象は、「高温の物質が光を放射する現象」と「ルミネッセンス」に大別できます。このうち、ルミネッセンスとは、材料が過剰なエネルギーを光として放出して安定な状態に戻る現象をいい、また過剰なエネルギーの与え方には光・化学・熱・電気があり、その中でエレクトロ・ルミネッセンスは、電気的エネルギーを与えることによって発光する現象です。そして、この現象を起こすものが有機材料のデバイスである「有機EL」で、その基本構造は発光有機層を二つの電極で挟む形となっています。

現在、有機ELを応用した製品には、薄型・軽量・低消費電力を実現できる「有機ELディスプレイ」があります。これは、電流をかけると光る性質を持った有機物質(発光体)を使ったディスプレイで、発光体を薄いガラス基板上に蒸着または印刷し、流す電流を加減することで発光をコントロールします。また、材料そのものが発光するため、液晶と違って背後の光源が不要で、さらに低電圧でも高い輝度が得られることから、見やすく省電力という点でも優れています。なお、発光材料が有機物であるため、基板がプラスチックや紙などの曲げられる素材でも可能となっています。