実効為替レート

読み方: じっこうかわせれーと
英語名: Effective Exchange Rate
分類: 為替相場

実効為替レートは、外国為替市場において、ある通貨の総合的な価値を示す合成レートのことをいいます。これは、ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、人民元/円などのように、一つの国に関して複数の為替レートが存在していることを踏まえ、特定の二通貨間の為替レートを見ているだけでは分からない「一国の通貨の対外競争力(強さ)」を、単一の指標で総合的に捉えようとするものです。

現在、米ドルが世界の基軸通貨になっており、例えば、日本円が米ドルに対して上昇すれば、世間一般では円高と言われますが、一方でユーロや人民元などに対して下落していれば、必ずしも円高とは言えず、外国との貿易全般で円高の影響を受けているとは言えません。このような状況を踏まえ、通貨の実力(価値)を総合的に把握するための指標として、「実効為替レート」が使われています。

目次:コンテンツ構成

実効為替レートの概念

実効為替レートは、ある国の通貨の価値が多通貨(世界の主要な外貨)に対して、相対的に高いか低いかを示す総合的な指標となっており、その種類には、「名目実効為替レート」と「実質実効為替レート」の2つがあります。

名目実効為替レートとは?

名目実効為替レートは、主要な貿易相手国・地域との為替レートを貿易額に応じて加重平均し、指数化したものです。

実質実効為替レートとは?

実質実効為替レートは、通貨の対外競争力が物価動向(インフレ動向)によっても変化するため、名目実効為替レートに対して、物価調整をした後のものです。

実効為替レートの算出方法

ユーロ圏などを除き、国ごとに通貨単位が異なるため、一定基準時点からの為替レートの変動を指数化し、貿易相手国との貿易取引量(総輸出入額)で加重平均して算出されます。(市場で取引されている複数の国の通貨に対する為替レートを、貿易額などに応じて加重平均して算出)

実効為替レートの主なポイント

◎多通貨に対する為替レートの合成値である。

◎二国間の為替レートだけでは分からない、その通貨の国際的な実力(価値)を示す指標である。

◎国際的な輸出競争力(対外競争力)を測る上では、単に名目為替レートの動きだけではなく、各国の物価動向を考慮に入れた実質為替レートを用いる方が望ましい。

◎実質実効為替レートを用いて、競争環境を過去と比較する場合には、単純に水準の高低を比べるだけでなく、急激な変化の有無、経済情勢の違い、自国及び競合国の経済構造の変化などにも留意する必要がある。

◎実質実効為替レートは、中長期的に割安か割高かを判断するための材料の一つとなるが、決して将来を占うものではない。

◎IMFの各国通貨の実質実効為替レートの評価(過大・妥当・過小)は一つの参考になる(特に米ドルやユーロ、人民元などに注目)。

実質実効為替レートの算出機関

実質実効為替レートは、国際通貨基金(IMF)国際決済銀行(BIS)経済協力開発機構(OECD)、各国の中央銀行などが算出しており、一国の通貨の総合的な価値が単一の指標で示されるため、その国の通貨の強さ(輸出競争力)を見る上で一つの参考になります。

IMFの実質実効為替レート

IMFでは、加盟国の経済状況や加盟国間の貿易状況などを分析する上で、世界各国の実質実効為替レートを毎月公表しています。現在、IMFのレートについては、デフレーターとして、CPI(消費者物価指数)をベースとするものと、ULC(ユニット・レーバー・コスト)をベースとするものとの2つを算出しており、またカバレッジする対象国は、他の算出機関と比べて格段に多いです。

・デフレーター:CPIとULC
・ウェイト算式:第三国競争を加味した貿易額ウェイト
・貿易額:工業製品、コモディティ、観光サービス

BISの実質実効為替レート

BISでは、加盟する中央銀行の国・地域の実質実効為替レートを毎月公表しています。現在、Broadベースでは約60カ国・地域、Narrowベースでは約25カ国・地域で使用されている通貨に対して算出しており、またウエイト(貿易額)の更新については、3年ごとに、ウェイト対象期間が終了してから行っています。

・デフレーター:CPI
・ウェイト算式:第三国競争を加味した貿易額ウェイト
・貿易額:工業製品

日本銀行の実効為替レート(名目・実質)

日本銀行では、BISが作成している実効為替レート(Broad Index)の作成方法に準拠し、日本円の実効為替レート(名目・実質)を算出しています。現在、日次で「名目実効為替レート(円インデックス)」を算出・公表し、また月次で「実質実効為替レート」を算出・公表しています。なお、時系列データについては、日銀のウェブサイトの「統計>各種マーケット関連統計>外国為替市場>実効為替レート」で検索できます。

・デフレーター:CGPI(PPI、WPI)
・ウェイト算式:輸出額ウェイト
・貿易額:輸出全体