ノックアウト・オプション

英語名: Knock-out Option
分類: オプション

ノックアウト・オプションは、バリア・オプションの一種で、原資産価格がある一定の価格(ノックアウトプライス)に到達すると、オプションの権利が消滅してしまうオプションのことをいいます。これは、オプションの買い手の権利に「消滅する条件(ノックアウト)」が付いたもので、買い手に不利な条件がある分、通常のオプションより、プレミアム(オプション料)が安くなります。

なお、バリア・オプションとは、原資産価格がある一定の価格(バリア)に到達するか否かで、権利が発生したり消滅したりするオプションのことをいいます。

ノックアウト・オプションの仕組みと種類

ノックアウト・オプションは、デリバティブの一つで、損失リスクが限定されたオプション取引です。満期までの間に、原資産価格(相場水準)がノックアウトプライスに到達しなければ、オプションの権利は有効ですが、一方でノックアウトプライスに到達すると、オプションの権利が消滅するという仕組みになっています。

また、その種類として、バリアとの組み合わせで、「アップ・アンド・アウト」「ダウン・アンド・アウト」のコール・オプションプット・オプションがあります。

ノックアウト・オプションの個人向け商品

ノックアウト・オプションは、自分のリスク許容度に合わせて、オプション料を選択できる金融商品で、現在、一部の証券会社等において、通貨ペア株価指数コモディティを対象(資産クラス)としたものが提供されています。

取引の種類

ノックアウト・オプションには、「ブル(上昇)」と「ベア(下落)」の二種類があります。

◎オプションの原資産の価格が、今後上昇すると予測した場合は「ブル」を購入する。また、ブルを購入する際の選択可能なノックアウトプライスは、原資産の買値より下のレベルで設定する。

◎オプションの原資産の価格が、今後下落すると予測した場合は「ベア」を購入する。また、ベアを購入する際の選択可能なノックアウトプライスは、原資産の買値より上のレベルで設定する。

取引の損益

ノックアウト・オプションでは、原資産価格の「上昇」または「下落」を予想し、原資産価格が予想通りに動いた場合に「利益(評価益)」が発生し、逆に原資産価格が予想通りに動かなかった場合に「損失(評価損)」が発生し、自分の相場観で損益を適宜確定させます。また、原資産価格がノックアウトプライスに達すると自動的に決済(損切り)されます。

◎自分でリスク許容度(ノックアウトプライス=損切レベル)を選択し、少ない資金で利益を狙える。

◎ノックアウトプライスを原資産価格の近くに設定するほど、取引に必要なオプション料は小さくてすむが、一方でノックアウト(損切り)される可能性が高くなる。

◎ノックアウトプライスを原資産価格の遠くに設定するほど、取引に必要なオプション料は大きくなるが、一方でノックアウト(損切り)される可能性が小さくなる。

◎取引のリスクが予め限定され、最大損失額は当初のオプション料(ポジションの保有に必要な維持証拠金額)のみである。

取引の手順

ノックアウト・オプションの個人向け商品では、一般的には、以下のような取引の手順となっています。

(1)取引する銘柄(原資産)の値動きを予測し、取引画面において、「上昇(ブル)」または「下落(ベア)」の買いを選択する。

(2)値動きの予測からリスク許容度を判断し、ノックアウトプライス(損切レベル)を選択する。

(3)取引ロット数(注文量)を決定する。

(4)必要に応じて「指値」や「逆指値」を設定する。

(5)注文を確定し、取引を始める。

(6)相場動向を見て、適宜損益を確定する。なお、指値や逆指値では、自動的に決済される。