東証REIT指数

読み方: とうしょうりーとしすう
英語名: Tokyo Stock Exchange REIT Index
分類: インデックス|東証

東証REIT指数(東証リート指数)は、東京証券取引所に上場するREIT全銘柄を対象とした時価総額加重型の指数をいいます。これは、算出対象銘柄毎の価格に上場口数をウェイトした時価総額加重平均となっており、基準日である2003年3月31日の時価総額を1,000(基準値)とした場合に、現在の時価総額がどの程度かを示すものです(算出開始日は2003年4月1日)。また、そのデータ(指数値)は、東京証券取引所が算出・公表し、同取引所のウェブサイトでリアルタイムグラフやヒストリカルグラフなども閲覧できます。

現在、本指数は、日本のREIT市場(Jリート)を代表する投資収益指数となっており、本指数と連動することを目指したETF(上場投資信託)や本指数を対象とした先物商品も上場されています。なお、REIT(不動産投資信託)とは、多くの投資家から集めた資金や銀行から借り入れた資金を用いて不動産を購入し、その不動産から得られる賃貸料収入や売却益を投資家に還元(分配)する上場投資信託で、主な投資対象となる不動産には、オフィスビルや商業施設、ホテルやマンション、物流施設、ヘルスケア施設などがあります。

東証REIT指数の主な特徴

・日本の不動産投資の代表的な指標(市場動向を反映)。
・他の株価指数等と資産構成が違うため、異なった動きをするREIT全体の動きについて売買することが可能。
・REIT全銘柄を対象としているため、個別銘柄の動きに左右されず、市場の動きを的確に反映。
・時価総額の変動を反映するため、REITを含む保有ポートフォリオを時価総額でヘッジすることが可能。
有償増資、新規上場、上場廃止など、市況以外の要因による時価総額の変動に影響されないように時価総額を修正し、指数の連続性を確保。

東証REIT指数の派生商品

大阪取引所では、東証REIT指数を原資産とする先物取引である「東証REIT指数先物」を上場しています。これは、日本のREIT市場全体へ投資が可能、少ない資金で投資が可能、売りからも取引が可能、取引最終日がある、差金による決済といった特色があり、またスペキュレーション取引やヘッジ取引、アービトラージ取引(裁定取引)なども可能となっています。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

IG証券は、ロンドンに本拠地を構える、グローバル金融サービスプロバイダーIGグループの日本拠点です。