実測図

読み方: じっそくず
分類: 不動産|図面

実測図は、「地積測量図」の俗称で、一筆ないし数筆の土地の地積(面積)を法的に確定した図面をいいます。これは、土地の表示に関する登記のうち、土地表示登記や土地分筆登記、土地地積更正登記の申請時に、土地家屋調査士が作成し、登記所へ提出するもので、土地の形状や地積(面積)、求積方法などが記載されています(誰でも閲覧及び写しの交付を請求することができる)。また、地積とは、土地登記簿表題部に記載されている「土地の面積」のことをいいます。

一般に実測図は、土地登記簿に付随して登記所(法務局)に備え付けられていますが、過去において、これらの登記申請を行っていない土地については備え付けられていないものもあります。というのは、実測図は、分筆の際に提出されるのがほとんどのため、過去に分筆されたことのない土地や、分筆とは反対に合筆された土地にも実測図は存在しません。ちなみに、実測図について規定されたのは1960年のことで、それ以前には、分筆についても実測図は存在しません。