転換機能

読み方: てんかんきのう
分類: 信託|機能

転換機能は、信託の主な機能の一つで、信託することにより信託財産信託受益権という権利となり、信託目的に応じて、その財産の属性や数、財産権の性状などを転換できることをいいます。また、信託とは、委託者受託者に財産権の移転などを行い、受託者に対して一定の目的に従って、財産の管理や処分などをさせることをいいます。

一般に転換機能を活用することによって、

・効率的な運用を行うため、多数の者が信託した金銭をまとめることができる
・投資しやすくするため、大きな信託財産を小口化することができる
・流通しやすくするため、投資や不動産などの信託財産を受益権にすることができる

などのメリットがあります。