道税とは何か?

道税は、北海道が賦課徴収する地方税をいいます。これは、道内に居住する者や事業所などに対して北海道が課する税で、具体的なものとして、道民税や事業税、地方消費税、不動産取得税、道たばこ税、ゴルフ場利用税、自動車税、自動車取得税、軽油引取税、鉱区税、道固定資産税、狩猟税、循環資源利用促進税などがあります。

ちなみに、道とは、都・府・県と共に、地方公共団体の中で、最も広い範囲で市町村を包括する地方行政区画のことをいい、また道と県は、歴史的沿革による名称の違いであって、実質的権能を異にするものではありません。