中央税とは何か?

中央税は、税金の分類(租税の課税権者による区分)の一つで、「国税」とも呼ばれ、中央政府(国)が賦課徴収する税金の総称をいいます。これは、税の最終負担者が直接・間接を問わず、納税義務者(租税を納付する義務を負担する者)を通じて国庫に納付する租税を指し、具体的には、所得税や法人税、相続税、贈与税、消費税、酒税、たばこ税、揮発油税、自動車重量税、印紙税、登録免許税、関税などが挙げられます。現在、日本においては、ほとんどの中央税は、国税庁(税務署・国税局)へ納付しますが、一部の中央税(自動車重量税・とん税・関税など)については、税関や陸運局、法務局などへ納付します。

なお、中央税に対して、地方公共団体(都道府県・市区町村)が賦課・徴収する税金の総称を「地方税」と言います。