市税とは何か?

市税は、市が賦課徴収する地方税をいいます。これは、市内に居住する者や事業所などに対して市が課する税で、具体的なものとして、市民税や固定資産税、軽自動車税、市たばこ税、特別土地保有税、入湯税、事業所税、都市計画税などがあります。

ちなみに、日本において、市とは、人口5万以上を有し、中心市街地にある戸数が全体の6割以上を占め、また条例で定める都市に必要な諸施設や諸要件を備えていることなど、地方自治法第8条の要件を満たすものをいいます。