天井

読み方: てんじょう
英語: Peak
分類: 視点

天井は、マーケット全般を対象とした用語で、相場の高いところ(高値水準)をいいます。これは、相場が上昇している状態の時に使われ、またその状況によって、「一番天井」や「大天井」、「青天井」なども使われます。

一方で、天井とは反対に、相場の低いところ(安値水準)を「(そこ)」と言います。

○天井:上昇相場における高値水準
一番天井:上昇相場における最初の高値
大天井:上昇相場における最高値
青天井:連日最高値を更新し、大天井が確認できない状況

<本用語の使用例>

・遅行線が日々線の天井の日柄まで調整となるかと思われた
・ユーロ/ドルは前日高値で戻り、天井を打った可能性もある
・日経平均株価は4月5日の11508.17円で目先の天井を打ったとみている