民間債

読み方: みんかんさい
分類: 債券区分

民間債は、民間企業(大手企業等)が債券市場で発行する債券のことをいいます。これには、債券発行銀行(特定金融機関)が発行する「金融債」と、事業会社が発行する「事業債」に区分されます。また、後者の事業債に投資するにあたっては、発行体によって信用度が大きく異なるので、格付け機関の格付け信用リスクをよく確認(認識)しておくことが必要です。

なお、国内債券は、発行体の種類によって「公共債」と「民間債」に区分され、またその両方を合わせたものを「公社債」と言います。

金融債について

金融債は、法律で起債が認められている金融機関が発行する債券をいいます。これは、大きく分けて「利付債」と「割引債」の二種類があり、かつては流通市場において重要な地位を占めていましたが、今日では大きく減少しています。

事業債について

事業債は、事業会社が発行する債券をいいます。これは、大きく分けて「普通社債」と「新株予約権付社債」の二種類があります。また、2000年10月から銀行による普通社債の発行が解禁されたことで、今日では金融債を発行できる銀行でも普通社債を発行するようになっています。

・普通社債:エクイティ絡みではない普通の社債
・新株予約権付社債:新株予約権の付いた社債