BRICS開発銀行/新開発銀行

読み方: ぶりくすかいはつぎんこう
英語名: New Development Bank(NDB)
分類: 国際機関

BRICS開発銀行は、「新開発銀行」とも呼ばれ、BRICSの5カ国(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)が運営する国際開発金融機関をいいます。これは、2014年7月15日に、ブラジルのフォルタレザで開かれたBRICS首脳会議において設立の最終合意に達したもので、資本金は当初500億ドルで各国が均等に出資し、最終的には1000億ドル規模への拡大を目指しています。また、本会議では、同時に外貨準備基金の創設も決定しました。なお、運営面においては、中国の上海に本部を設置し、初代総裁はインドから出し、南アにはアフリカ地域センターを設置することを決定し、各国のバランスに配慮しています。

第二次世界大戦後、長い間、欧米が主導する世界銀行国際通貨基金などが世界経済を安定させる役割を果たしてきましたが、一方で21世紀に入って新興国が著しく成長する中で、欧米との発言権との格差が埋まらないことに対して不満が募っていました。そういった中で、既存の国際金融秩序に対抗し、発展途上国や新興国へのインフラ開発を独自に支援するものとして「新開発銀行(New Development Bank)」が設立されました。