企業買収

読み方: きぎょうばいしゅう
英語名: Acquisition
分類: 会社・経営|M&A

企業買収は、ある企業が別の企業の議決権の過半数以上を買い取ったり、ある事業部門を買い取ったりすることをいいます。これは、M&Aの一形態で、経営の効率化や製品の高付加価値化、新分野への進出などを目的に、他企業の部門や営業権などを買収したり、高度な技術やノウハウ、魅力的な顧客基盤などを持つ企業そのものを買収したりすることを指します。また、M&Aとは、企業の合併・買収のことで、狭義では、二つ以上の企業が一つになる「Mergers(合併)」と、ある企業が他の企業を買ったりする「Acquisitions(買収)」を意味しますが、広義の概念では、一部株式譲渡、事業譲渡、資本提携等を含めた企業間の提携まで含まれます。

一般に企業買収においては、買収元企業が、買収先企業の株式を現金または株式交換により取得し、一定割合以上を保有することで、買収先企業の支配権を獲得します。通常、議決権を有する株式の2分の1超を得ると、普通決議(役員の選任等)の賛否が自由に決められ、また3分の2超を得ると、特別決議(定款変更等)の賛否も含めて、完全に支配権を獲得することができます。