国庫短期証券市場(TDB市場)

読み方: こっこたんきしょうけんしじょう
分類: マーケット|種類

国庫短期証券市場は、「TDB市場」とも呼ばれ、オープン市場の一つで、国庫短期証券(TDB)が取引(売買)される市場をいいます。また、国庫短期証券とは、日本政府が2009年2月から発行を開始した、発行時に割引されて発行される償還期限が1年以内の割引債(短期国債)をいいます。これは、財務省が償還期限が1年以内の短期国債について、それ以前に発行していた政府短期証券(FB)と割引短期国債(TB)の二つを統合したもので、償還期間は2カ月・3カ月・6カ月・1年の四種類があります。

一般にオープン市場は、インターバンク市場と共に、短期金融市場マネー・マーケット)を構成する市場で、金融機関だけでなく事業法人や地方公共団体なども参加しており、その種類には、国庫短期証券市場、レポ市場現先市場CD市場CP市場などがあります。現在、国庫短期証券市場は、日本の短期金融市場の中で、その規模(残高最大)から中核的な存在となっており、また日本銀行の公開市場操作(オペレーション)の対象にもなっています。なお、その指標については、毎営業日に、短資協会が現先のTDB気配レート(翌日、1週間、1カ月)を公表しているほか、日本相互証券が利回り(3カ月、6カ月、1年)を公表しています。