インターバンク市場/銀行間取引市場

読み方: いんたーばんくしじょう
英語名: Inter Bank Market
分類: マーケット|取引市場

インターバンク市場(インターバンクマーケット)は、「銀行間取引市場」とも呼ばれ、参加者が銀行を中心とした金融機関に限定された市場をいいます。これは、大きく分けて、短期資金の貸借を行う金融市場と、直物為替先物為替などの取引を行う外国為替市場の二つがあります。現在、日本には、短期資金の貸借を行う代表的な金融市場としてコール市場があり、日々の資金過不足の調整の場となっています。また、為替取引を行う外国為替市場は、世界各地にあり、オセアニアから始まり、東京、香港、シンガポール、ヨーロッパ、ロンドン、ニューヨークの順に取引の中心が移行し、24時間機能しており、「眠らない市場」とも呼ばれます。

一般にインターバンク市場は、金融機関やブローカー(短資会社)、金融当局などから構成され、主に直接取引やブローカーを通じて取引が行われています。また、実際の取引については、専用電話や専用電子機器(情報端末)などが利用されています。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

IG証券は、ロンドンに本拠地を構える、グローバル金融サービスプロバイダーIGグループの日本拠点です。