オープン市場

読み方: おーぷんしじょう
分類: マーケット|金融市場

オープン市場は、期間が1年未満の資金取引を行う短期金融市場をいいます。これは、金融機関のほかに、事業法人や外国企業、公的機関なども参加でき、その種類には、CD市場譲渡性預金)やCP市場コマーシャルペーパー)、TDB市場国庫短期証券)、現先市場レポ市場などがあります。また、日々の金利動向については、日本経済新聞(朝刊)のマーケット欄の短期金融市場のところで、CP気配や国庫短期証券利回り、東京レポ・レートなどが記載されています。

なお、オープン市場においても、インターバンク市場と同様、短資会社は大きな役割を果たしており、具体的には、ディーラーと運用者が相対で電話を使って取引をするテレフォンマーケットを形成し、通常、「アウトライト(売切り・買切り)方式」や「現先方式」で売買する取引が行われています。