担税力

【読み方:たんぜいりょく、分類:税制】

担税力は、「担税能力」とも言い、租税(税金)を負担する能力のことをいいます。これは、個人や法人など租税を負担する者が不当な苦痛を感じることなく、社会的に是認できる範囲内で租税を支払える能力を意味します。

一般に担税力は、租税に関する能力説(応能説)の基本部分であり、応能税における税負担を全体に配分する際の基本的な要素となり、また人の担税力を示すもの(基準)としては、所得(収入)・消費(消費支出)・資産(財産)が挙げられます。通常、能力説では、税負担は担税力に応じて配分されるのが公平であるとされますが、一方で担税力という概念は、社会的、政治的、あるいは倫理的な概念であって、統計や数値的に確定できるものではありません。

なお、担税力において、消費を基準に用いる場合は、累進税率の採用が困難であるため、公平性の観点では、所得と資産を基準に用いる場合に比べて劣ると考えられています。