減税

【読み方:げんぜい、分類:税制】

減税は、税金の額を減らすことをいいます。これは、税負担を軽減するために取られる措置で、その種類には、一般減税(所得税の税率引下げのように減税効果が納税者一般に及ぶもの)と、政策減税(住宅取得促進や設備投資促進など特定の政策を実現するために租税特別措置で特定の納税者に対して適用されるもの)の二つがあります。また、減税とは反対に、税金の額を増やすことを「増税」と言います。

現在、日本では、日本国憲法の第84条において、「あらたに租税を課し、又は現行の租税を変更するには、法律又は法律の定める条件によることを必要とする」と定められており、租税法律主義が基となっています。