追徴課税

【読み方:ついちょうかぜい、分類:税務】

追徴課税は、個人や法人の納税者が国に納める税金額について、本来納めるべき額よりも低いことが発覚した場合に、税務当局から追加で課税されることをいいます。これは、修正申告や税務署による更正処分等により、本来の(正しい)税額が判明した際に、その税額を満たすため、納税者が追加で納付を求められる税金である「追徴税」が課されることを意味します。

一般に納税者に対して、追徴課税がされる場合、この追徴税以外にも、状況に応じて、延滞税過少申告加算税無申告加算税不納付加算税などの納付が求められ、さらに脱税などの悪質な税逃れの場合には、行政上の制裁措置である重加算税が課されます。