賦課課税

【読み方:ふかかぜい、分類:税務】

賦課課税は、「賦課課税制度」や「賦課課税方式」とも呼ばれ、納付すべき税額の確定が租税行政庁の権限によってなされる課税方式をいいます。これは、地方税においては、個人住民税や個人事業税、固定資産税、都市計画税、不動産取得税、自動車税などが該当し、通常、地方公共団体が税額を決定し、納付すべき税額を計算した「賦課決定通知書」を納税義務者に送付し、納税義務者はそれを基に納税することになります。また、国税においては、加算税過怠税などが該当します。

なお、関税においては、税関長の処分により関税額を確定する納税方式をいい、入国者の携帯品や別送品、郵便物などに適用されます。