教育ローン

教育ローンは、子どもの教育費資金使途としたローンで、大きく分けて「国の教育ローン」と「民間の教育ローン」の2つがあります。前者の国の教育ローンには、日本政策金融公庫の「教育一般貸付」があり、一方で後者の民間の教育ローン(民間教育融資)は、銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫、JAバンクなどの金融機関で様々な商品が取り扱われています。

一般に民間の教育ローンは、無担保型だけでなく有担保型もあり、通常、国の教育ローンと比べて金利は高めですが、融資金額や資金使途などの自由度が高いです。また、商品によっては、希望により、団体信用生命保険やローン返済支援保険などに加入できるものもあります(団信加入が条件となる金融機関もあり)。

教育ローンの選択肢

教育ローンは、ライフプラン上において、教育資金が不足する場合に利用しますが、その選択肢としては、以下のものがあります。(奨学金も、返済の必要な貸与のものであれば、ローンと実質的に同じ)

・国の教育ローン:低金利であるが、融資額には限度あり
・民間の教育ローン:融資額や資金使途など自由度が高い
・奨学金制度:公的運営、民間運営、学校独自のものなど様々

教育ローンの申込時に必要な書類

教育ローンは、子どもの教育資金を確保する際に利用しますが、その申込みにあたっては、以下のような書類が必要になります。

・源泉徴収票や納税証明書など年収を証明する書類
・入学金や学費納付金、授業料など資金使途を確認できる書類
・本人確認書類、住民票 他

民間の教育ローンの基本事項

民間の教育ローンは、「学資ローン」とも呼ばれ、銀行などで子供の教育資金を借りる際に利用します。

取扱機関 銀行、信金、信組、労金、JAバンク 他
対象リスク 中長期にわたる返済・・・返済計画が重要
対象者 子供を持つ親
資金使途 教育関連の資金
融資金額 無担保:10~500万円など
有担保:最高で3000万円など
金利 変動金利、固定金利
返済期間 無担保:5年、7年、10年が一般的
有担保:20年や25年など
返済方法 元利均等返済
担保 有担保型は必要
保証人 信用保証会社の活用など
備考 取引内容によって金利が優遇されることもあり