配偶者特別控除とは何か?

配偶者特別控除は、所得控除の一つで、配偶者に38万円を超える所得があるため、配偶者控除の適用が受けられない時でも、配偶者の所得金額に応じて、一定の金額を所得から差し引ける控除のことをいいます。また、所得控除とは、課税所得金額を算出するにあたり、各納税者の個人的事情を加味しようとすることを目的に設けられたもので、所得金額から一定の金額を差し引ける控除のことをいいます。

なお、給与所得者の場合、「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」を勤務先に提出することにより、年末調整で配偶者特別控除を受けることができます。

配偶者特別控除の控除額

配偶者特別控除は、所得税だけでなく、住民税にもあり、現在、控除を受ける納税者本人の合計所得金額による控除額は以下のとおりです。

●所得税の配偶者特別控除

・900万円以下:38万円-3万円
・900万円超950万円以下:26万円-2万円
・950万円超1000万円以下:13万円-1万円

●住民税の配偶者特別控除

・900万円以下:33万円-3万
・900万円超950万円以下:22万円-2万円
・950万円超1000万円以下:11万円-1万円

配偶者特別控除の要件

配偶者特別控除を受けるための要件は、以下のようになっています。(配偶者特別控除は、夫婦の間で互いに受けることはできない)

(1)控除を受ける納税者本人のその年における合計所得金額が1,000万円以下であること。

(2)配偶者が下記の全てに当てはまること。

・民法の規定による配偶者であること(内縁関係の人は該当せず)
・控除を受ける人と生計を一にしていること
・その年に青色申告者の事業専従者としての給与の支払を受けていないこと、または白色申告者の事業専従者でないこと
・年間の合計所得金額が38万円超123万円以下(令和2年分以降は48万円を超え133万円以下)であること

(3)配偶者が、配偶者特別控除を適用していないこと。

金融知識ガイド

税金用語集