勤労学生控除とは何か?

勤労学生控除は、所得控除の一つで、納税者が所得税法上の勤労学生に当てはまる場合に、一定の金額を差し引ける控除のことをいいます。また、所得控除とは、課税所得金額を算出するにあたり、各納税者の個人的事情を加味しようとすることを目的に設けられたもので、所得金額から一定の金額を差し引ける控除のことをいいます。

一般に所得税において、勤労学生控除を受けるにあたっては、勤労学生控除に関する事項を記載した確定申告書を提出する必要があります(給与所得者の場合で、年末調整の際に控除の適用を受けた人はその必要はない)。

勤労学生控除の控除額

勤労学生控除は、所得税だけでなく、住民税にもあり、現在、控除額は以下のとおりです。

・所得税の勤労学生控除:27万円
・住民税の勤労学生控除:26万円

勤労学生控除の対象者

勤労学生控除の対象となる勤労学生については、その年の12月31日の現況で、下記の三つの条件の全てに当てはまる人です。

(1)給与所得などの勤労による所得があること

(2)合計所得金額が65万円以下で、しかも(1)の勤労に基づく所得以外の所得が10万円以下であること

(3)特定の学校(以下)の学生・生徒であること

・学校教育法に規定する小学校、中学校、高等学校、大学、高等専門学校など
・国、地方公共団体、学校法人等により設置された専修学校又は各種学校のうち一定の課程を履修させるもの
・職業能力開発促進法の規定による認定職業訓練を行う職業訓練法人で一定の課程を履修させるもの

金融知識ガイド

税金用語集