交通事故傷害保険

交通事故傷害保険は、交通事故や建物・乗り物火災などによるケガを補償する保険をいいます。これは、補償の対象を「交通事故」と「建物・乗物の火災」の2つに限定しているため、支払う保険料は「普通傷害保険」よりも安くなっています。

一般に交通事故傷害保険は、損害保険会社が提供する傷害保険の一つで、健康診断の必要がなく簡単な告知で加入でき、しかも手頃な保険料で大きな補償を確保することができます。また、日常生活の中で、法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われる「賠償責任特約」なども付加することができます。

交通事故傷害保険の補償例

交通事故傷害保険は、国内外において、自動車やバス、電車、航空機、船舶など交通乗用具に搭乗中、あるいは歩行中に交通事故により傷害を被った場合などに、保険金が支払われます。

・車やバイク、自転車などでの交通事故によるケガ
・ジョギング中にバイクと接触してケガ
・バスに乗車中、急ブレーキによる転倒でケガ
・駅の構内(ホーム、階段、改札など)でケガ
・建物内や乗物内での火災によるケガ
道路を通行中に建物からの落下物によるケガ
・崖崩れ、土砂崩れ、岩石などの落下によるケガ

交通事故傷害保険の基本事項

交通事故傷害保険は、万一の交通事故に備える場合に活用します。

取扱機関 損害保険会社、保険代理店など
カバーリスク 交通事故や建物・乗り物火災などによる傷害
保険対象 本人のケガ
保険金 ・死亡保険金
・後遺障害保険金
・入院保険金
・手術保険金
・通院保険金 他
貯蓄性 無し(積立型はあり)
関連商品 ファミリー交通傷害保険
備考 ・各種特約(賠償責任他)を付帯可能
・保険金が支払われないケース等を確認